ブログ「いらけれ」

日差しに、少し穏やかな気持ちになったから、キーボードの前にいる。家の窓から、商店街の電柱に取り付けられた、色とりどりの、きらきらの飾りが揺れているのが見えて、風が吹いているのだと分かる。外を歩いたら、とても心地よいだろう。

「6月25日0時に公開された日記」なのに、今は午後1時だ。すでに見に来てくれた人がいて、とても申し訳ない。苦い気持ちが胸の奥からせり上がってくる。愛想を尽かされるなら、しょうがない。それはいいけど、少しでも気にかけてくれるような、とても奇特な人に対して、悪いことをしてしまった。悪いことはしたくなかった。

過剰さ、なんだ。読みに来た人を、気にしていると書いてしまう過剰な心配性。ものを書いている人のほとんどが、読む人を気にして書いているだろうから、それだけで過剰だ、というわけではない。気にして、想定して、想像して、誘導して、そしてそれを悟らせないようにすればいい、上手くやるというのはそういうことで、お金儲けをしたければ、尚更そうすればいい。

身体のなかに余っているものがなければ、こんな文章は書かない。考えることを、思うことをやめてしまえば、どれほど楽だろうか。最適化しきれない何かが残っているから、音楽を聞く。ゲームで遊ぶ。お笑いライブを見に行く。哲学カフェに行った時、ここにいる人々は、過剰さの総量が大きいのだなと強く思った。絶えず最適化を求められる社会について、最適化する方法ではなくて、そもそもこの社会に自分が最適化して良いのかどうか、そのように戸惑うような人でなければ、話し合おうなんて思わないのではないか。

表れ方は人それぞれだとしても、誰もが過剰であることからは逃れられない。筋トレをするのも、泥酔をするのも、恋をするのも自由だ。ただし、自分の過剰さによる力を、他者の支配に差し向けてしまった時に人間は、とても残酷になるということを、絶対に忘れてほしくないと思う、あなたには。

願い事が叶わなかった子どもはそれでも、次の年の7月7日の直前に、同じように、願い事を書いた短冊を笹の葉につるした。叶わないとしても願うことには意味があり、まったく無駄ではないと分かっている、とても聡い子だったから?風に揺れる電柱の飾りが、西武新宿駅のホームに上がるためにエスカレーターに乗って、ペペの中を抜けるときに見た笹飾りを思い出させたから、この文章はあって、しかし6月23日で七夕気分って早くね?2週間前よ?ハロウィンもクリスマスもそう、気分の醸成が、どんどん前倒しされているよね?……などと思った僕が、なぜその日新宿にいたのか、明日はそれについて書くかもしれないし、書かないかもしれない。

ブログ「いらけれ」

なんでこんなタイトルになっているのかといえば、(詳細が気になる人には、昨日の記事を参照してほしいが)日記を続けるか否か、迷っているところだからだ。終わらせるかもしれないのに、(僕が)面白い(と思う)ことを書いたらもったいないじゃないか。とりあえず、今月中は迷っていることにしておこうと思うので、アンケートに協力してくれたら嬉しい。たまにはこちらから働きかけないと、ずっとそのまま世界は動かないと知って、行動をしなければならない。

この日記には、毎日千文字書くという自分で決めた縛りがあるが、そもそもは千五百字だった。じゃあ、そこまで固執するようなものではないのではと、あなたは思うかもしれない。でも、くだらないこだわりを、くだらない順にどんどん手放していったら、日記をやめ、趣味をやめ、仕事やめ、いつかは息をやめることになるだろう……それならば、「日記を続けるか迷っている」なんて言わない方がいいんじゃない?いや、違うんだ。やるかやらないかなら、何かやるしかなかったんだ。だから正確には、生まれない方が良かったということだ。

なんか、『グランド・セフト・オートV』をやっていたら、ゲームのなかで戦闘機を盗む技みたいな動画をなんか思い出して、それでユーチューブで検索してなんか見てて、そのままゲーム系の裏技とか攻略の動画を見てて、その一つで「収益化がはく奪された」って書いてあって、どうやら同じようなことが、ゲーム系のユーチューバーを中心に起こっているらしくて、もちろん違法な投稿者への対策は必要だろうけど、誤爆されてしまっている人もいるみたいで、やっぱりユーチューブとかグーグルとか、勝手にルールを変えちゃうことも多いので、大変だよなあってことは結構どうでもよくって、動画のなかに『メタルギアソリッド3』のものがあって、俺、中一の頃にこれ持ってたけど、友だちに貸して、そのまま不登校になって、その友だちが一回家に来て、別の友だちに貸すということをインターフォン越しに聞いて、それは夕方でオレンジ色の記憶で、そのまま高校生になって、やるゲームがなくなった夏休みの後半に、「あれどうなったんかなあ」って思ったけど、今更取り戻す手段もない。天井を見上げて、虚しい気持ちになって、諦めた。

言うまでもないが、ネットニュースが登場する以前から新聞の見出しはあって、でも、文字数の節約が要請されるその性質から、言葉を短縮させる速度を上げているのは確かで、僕は、すでに見慣れた感すらある「劇勝」という言葉を検索してみるが、もちろん辞書にはない。「劇的勝利」を表しているのだろうということが説明されなくても分かるのも、当たり前のように流通していることもすごいなって思う。「劇勝」、してみたいものだ。

ブログ「いらけれ」

ということで、アンケートです。

答えてくれてありがとう。

20時から始めたwindowsアップデートが、0時を越えて、1時になってやっと終わったとき、もう無理だと思った。かかっても2時間だと予想していた、その見通しの甘さは責められてもしょうがない。とはいえ、始めてしまったものはしょうがない。日記を書くつもりだった。日記に書くことはたくさんあった。日記を書き終えて、明日に備えるつもりだった。もし早く書けて、早く眠ることができたら、行きたい場所があった。でも、パソコンが使えなかったから、借りたままの本を読んだり、2017年を最後に起動していなかった『グランド・セフト・オートV』をプレイしたりしていた。久しぶりすぎて操作が分からず、手りゅう弾をその場に捨てたりしたけれど、結構楽しかった。15時間しかやってなかったようなので、もったいないので、これからちょいちょいやっていこう。って、そんなことはどうでもよくて、そのせいで書けなかったから、午前2時になってしまった。眠らなくていい体ならば、眠らないだろう。しかし僕は、眠らないと使い物にならないタイプなのだ。そうだ、書くことが負担になっているのだ。起きることができたら行きたかった場所は、諦めることにした。

金はないが、仕事をやめるつもりだ。心が腐るよりも、よっぽど良いから。本当は、もっと早くやめなければならなかった。ストレスのせいか、仰向けに横たわると、天井が左に回転して見えるようになってしまった。やめて、どうするかは決めていない。今は、とにかく楽しいことをしようと思っていて、そんなこんなで哲学カフェづいている。新しい会にも参加させてもらった。思うところはいろいろあって、それは、その日の議題についてだけではない。「哲学カフェ」それ自体や、あるいは、そこにいる自分や誰かについてもだ。そのことをまだ書いていないというのに、明日という名の今日は、ナツノカモ低温劇団「ていおん!!!」を見にいく予定で、チケットも取ってある。そっちの感想だって、何かしらあるだろう。

もう3時だし、眠いから寝るけど、それで冒頭のアンケートにつながるってわけだ。最初は、ツイッターの投票でやろうかとも思ったけど、投票数が見えるのが恥ずかしいからやめた。Googleフォームのアンケートって、答えたことはあっても、作ったのは初めてだ。意外と使いやすいし、機能も多いので、面白いことができそう。それもまあ、続くことになったらの話だけど。”かまってちゃん”みたいなことをしてしまったのは、読みたい人がいないなら、いいかなって思ったからだ。今も昔も、つまらないしくだらないのかもしれない。それでもいいなら、続けてくれって人がいれば……ね。いなければ……ね。

ブログ「いらけれ」

一週間前のことって、どうやって思い出すのだろう。確か、結構な雨が降っていた気がする。梅雨だからだろうか。うっとおしいなと思った。

それにしても、写真が下手すぎやしないだろうか。スマホを安物に変えたとはいえ、程度というものがあるだろう。別に、きれいな写真を撮りたいわけではないし、どうでもいい。

日記とは、全然自由なものではなく、そこには様々なことがあったし色んな人がいたけれど書けない。それらはすべて、いつか僕に書かれるためにあり、まったく別の形に変奏されるためにあるのだ。

友人と行った、この日の公演自体はとても面白く、今年一番笑った。見に行くといつも、「そこに人がいる」というのは思いの外パワーがあって、画面越しに見るのとは全然違うんだな、と思う自分がいる。しかし、生中継との本質的な差異は分からないのだ、なぜなら、その回を客席で見るということは、まったくプレーンな状態で、映像で見ることはできないということだから。

家見舞はスタンダードナンバーなんだなあ。ラジオの番組とかでも、色んな人がやっているのをよく聞く。家に帰って、その日のTBSラジオの朝番組をチェックした。客席にいた人は、みんなそうだろう。ただただ、ラジオで聞いたマジックを、そのまま話して面白いのはすごいなと思った。

王道の野ざらし。技術に感心する。年齢が近いのだ。尊敬する。

怒涛のまくらが20分弱。もちろん、現在進行形で見ていたときには思わないことだが、まくらを話していた人が、落語を演じているというより、落語の中の人が、まくらを話していたというような印象すら、終わって振り返ったときには抱いた。

衝撃。これに似た感覚が……と思い出していたのだが、昔昔亭桃太郎をシブラクで初めて見たときの、あの、笑いという名の角棒で殴られるような感じだ。構成とかストーリーとか、めちゃくちゃやっている一方で、実は、相当に細かい操作(後の素っ頓狂なセリフを観客が受け入れられるように、それより若干弱めで似たような語感のセリフを先に言っておく、など)をしていると思うのだが、高座の間は、そんなこと気が付かないぐらいに、ただただ笑っていた。

その後、久米川まで戻って飲み。メキシコ料理屋で。チョコレートソースがかかった肉とか、サボテンのサラダとか、初めて食べるものばかりだったけど、来るもの来るものうまくてビビる。テカテビールもおいしかったし、また行きたい。とにかく笑って、おいしいものを食べて、幸福な一日だった。