ブログ「いらけれ」

また株に手を出して、2回の取引で、さっそく2千円損するという。やばいなあ。”いつも後悔は先には立たない”@LIBRO「通りの魔法使い feat. 仙人掌」

少し前、採用面接に落ちて、かなり曖昧な意識で、炭酸飲料を求めるゾンビになっていた僕は、ドクターペッパーを買ったことは書いて、その後に、ウイスキーを割ったことは書いてなくて、これがコークハイよりも美味しかったことも書いていない。それから、何かで出かけた帰り道にふらっとスーパーに寄ったり、コンビニに寄ったけど、意外と置いてなかったことも書いてないし、これにより、ネットでの箱買いを検討していることも、買って飲み干して、当たり前のように太ったことも書いていないのは、そんな事実がまだないからだけど。


エクスペンダブルズを語る。/ぷらすと×アクトビラ #1354

移籍第一回で、生放送じゃないしどうなってるかなーと心配してたけど、今まで通りの内容で安心した。これからも期待。

「ていおん!!!」からの帰り道、自分でコント作るなら何かなーって考えて、「トッププレイヤーの人狼に、何も知らない人が紛れ込んだら……」という設定を思いついた、ありがちだけど。
将棋の棋士が人狼をやるネット番組が始まった頃に、ハマって見ていた時期があって、最近また、何かのきっかけで人狼の動画を見て、面白いなと思って、それで、動画を漁っていて非常に興味深かったのが、「盤面整理」「潜狂」「白確」といった専門用語や、「考察を落とす」「発言を精査する」「要素を拾う」といった、日常とは大きく異なる形で使用されている言葉がかなり多くて、特殊進化していることだ。例えば、将棋の大盤解説も、知らない人にとっては奇妙に感じるようで、よくネタにされるけど、言葉のやり取りがゲームの中核をなす人狼は、それにも増して難解に思えるはずだ。
あと話法が、めちゃくちゃ早口なのはもちろん、なんか雰囲気というか、型があるような感じで、みんな似ている。真似したくなるような感じなんだよって文章では伝えられないから、「人狼殺」で動画検索をして、一度見てみてほしい。知らない人ほど、(訳の分からなさが)楽しめると思うから。

ずっと忘れていたようなことも脳の襞には落ちていて、がんがん頭を振ったら出てくるって、そんな訳ないけど僕は、僕に幼馴染の女の子がいたことを、数年ぶりに思い出した。そして今、幼馴染の男の子がいたことも思い出した。彼の家で食べた食パンと、彼女と再会した市のドッジボール大会は、だけどこれ、簡単に思い出してはいけない大事な思い出だ。あの頃の僕から、記憶によって出来事を盗用して、ここにそれらしく書くことが躊躇われるほどに、大事な。

この世は番の来ない順番待ちの列で、それでも、運が向くまで待ってようと思った。