ブログ「いらけれ」

しかし、仕事においては、熱意や情熱が不可欠だ。
質を上げ、保ち、そして続けていくために。そうした思いは、好きだからって湧いてくるものでもないだろう。
「熱意がある」と口にするのは容易いし、情熱を表現する方法もある。
しかし、本当に思いを持つのは難しい(ドーピングのように、自己啓発的な手法でもって気分 を上げることもできるだろうが、持続性の面で疑問だ)。 

ブログ「いらけれ」

うーとかあーとか言っていると時間が経つ、やる気が起きない。
夕焼けとか月とか綺麗だったけど、とにかくやる気が起きない。

みんな死んだら同じなんだから、もっと頑張れたらいいのに。

自分が出来ることなど何一つないように思える。仕事も。
人とは違う価値観を持っているなどと信じていても、やっぱり心の底では人並みの幸せがほしかったりするんだろうなぁ。

ほんと、生きにくいっすねえ。

ブログ「いらけれ」

疲れたんです。
面接受けたりしていて。
受かればいいな。

「ヴィジット」観たり。
思ってたのと違う、宣伝から想像するのと違ってた。
けれど、面白かった。
怖いし、笑えるっていう。

また一つ寒くなった。
これからもっと寒くなることを思う。
鍋とか食べたいね。

ブログ「いらけれ」

「今がダメである」として語ってもいいけれど、○○の頃は良かったと言えば、その時代の失敗や過ちが思い浮かぶから、今がダメなように何時でもダメである。

誰にとっても素晴らしい世界などないから次善の策をとる、とろうとする。そのために努力をする。

当たり前の事をいうのは恥ずかしいが、たまにはいいたい。