ブログ「いらけれ」

私小説と一人称小説、あるいは自伝の違いって難しい。「自伝的小説」なんていう言い方もある。
実際は違いなんてない、あるいは違いなんて意味はないのかもしれない。
読むという行為の中で何を起こすのか、それでしかないというのなら。

まだまだ行き届いていない。その上興味もない。調べていない。
だから注意していても、小説は読んでいても読めていないのではないかという恐怖がある。
一方で、それでいいとも思う。自分本位の読書。

ブログ「いらけれ」

※にゅーちゃぷたーでござい。書くの楽しい。

私たちは、書きえないことは書けないが、読み手を”喚起”することで、何かを書くことができる。

では、どのようなものを書くべきか。……それが分かったら、既に書いているだろう。

ヒントは、問いを変えて、どのように書くか、にあるのではないかと考えている。

ブログ「いらけれ」

※書きえないものを、書くということから はやくも第三回だぜ!次回あたりから方向性を変えていこうかなと考え中。

保坂和志の『未明の闘争』の冒頭はこんなふうに始まる。以下引用。

西武百貨店の手前にある「ビックリガードの五叉路」と呼ばれているところで、私は一週間前に死んだ篠島が歩いていた。

どのように書いてもいいのだ。読む者を”喚起”さえすれば。
読む者の中に生成されたものは、書かれてはいない。しかし、書かれていたからこそ生成された。
読む者を”喚起”する……そのように書くにはどうすればいいか。

ブログ「いらけれ」

※書きえないものを、書くということから 早くもねたが尽きた……という訳ではありません。

では、いかにして書くのか。書くことによってでは書けないものを書く方法……。
とにかく、書き進めてみよう。最もいけないのは書かないことだから。書かれなければ、何もない。文字通り。