ブログ「いらけれ」

現実で「もっと言い方があるだろ」って言われるときは、しおらしくしていろってことだったりするけど、とにかく、ほとんどのこと、あるいは人は、内容ではなく言い方が大事なのだ。

あえて印象で大掴みにするなら、定型は(紋切といってもいい)、麻雀の役牌みたいな感じだ。それがあれば上がれちゃう。……だから、それで良いといえなくもない。

良いなら良いんだけど、もうちょっと注意した方がいい、すっと入る言葉こそ怪しいのだから。

ブログ「いらけれ」

ただのブログで、さらにはTwitterでさえ書き方を考えてしまうのは悪い癖だ。内容よりも書き方の方が悩む。

テクニックとかそんなことではなくて(テクニックなんて身に付いてない)、少しでも工夫がないと自分が面白くないというか。自分が面白くなければ、やはり書けない。

全部一文にしてみたり、いつもの倍の時間をかけてみたり、見えるところからそうでないところまで、頭を使うのは楽しい。

脊髄反射で書くには、定型を使うのがいい。そしてそれは定型に対する僕の違和感ともつながっている?

出力する以前、脳内では割りとネット定型的な感じで思い浮かぶ。しかし、ある程度の余裕を持って書ける時は、違うように書くようにしている。

型は、面白いことを伝えたい時に便利で、だからつまらない。

ブログ「いらけれ」

ネットの記事、あるいはブログの多くを読めない。興味が続かないからで、途中でやめてしまう。

私の興味の話をしたい。
読み手として、書き手が迷っているのではないかと感じるような文章に惹かれる。

結論がないとか、論旨があいまいだということでは全然ない。
どう書けばいいのか、その決定的な方法はない。それを分かっていながら、それでもなんとかしようとして、だからこそ迷っているようなものだけが読める。

ブログ「いらけれ」

あなたはもう知っている。頁を捲った先にある予想外のどんでん返しを。
肝心なのは、どれだけ予想から外れていようとも、その予想外は、すでに予想の内であるということだ。

ここにはある種の共犯関係が存在している。「それでいい」という繋がり。

では、そうした退屈な事態から逃れるためには?