ブログ「いらけれ」

「思いがけず泣いた」りしている後藤さんは、次回のデモクラシーカフェのテーマだからと、『文化系トークラジオLife』に、だいぶ昔に友だちについての回があったなあと、アーカイブを再生し始めた。湯船のなかに、沈んで。

2007/04/22 「友達」 アーカイブ

文化系とはなんぞや、という話なんですが、いわゆる理系、文系の文科系ではなくて、カルチャー系の文化系という字を書きます。

体育会系の人たちみたいに、華々しく活躍できる場所があるわけでもなく、オタクな人たちみたいに、世界に通用するポップカルチャーとも縁遠く、普段は地味〜に生活してるんだけど、実は色々とこだわりがあるんだ、そんな人たちのための番組が、この『文化系トークラジオLife』です。

自分の好きなものを周囲に説明しても誰も知らないとか、大人になってから高校や大学の時にしていたような話しなくなったなあと思っているあなた。自分のマニアックな属性をひた隠しにして生きているあなた。あなたの居場所はここにあります。

これからの二時間半、普通じゃできない、けど、かなり楽しい文化系トークにお付き合いください。

これが、深夜に番組の時間帯が移った一発目だったって、そんなこと、ぜんぜん覚えていなかった。絶対に二回ぐらい聞いたことあるはずなのに。上に書いたのは、チャーリーが冒頭に話していた言葉。これも覚えていなかったけど、改めて聞いてみて、とても熱くていいなって思ったから、お風呂の中で、ラジオクラウドの0.5倍速再生の機能を使って書き起こして、のぼせるかと思った。

(僕がこのように、好きなものを書き起こして、世界に残したところで誰も読まなくても、それでも書き残していくのは、僕が読み返すことができるからだ。とどのつまり、僕に友達はいらない)

以下、聞いて面白かったネタ
・チャーリー、社会人と学生での友達の違いについて話すなかで、「卒業式では必ず『学生時代の友人関係は何ものにも耐え難い』って…」と、言い間違える
・チャーリー、喫煙所、オープンスペースの話題で、すでに『ウェブ社会のゆくえ』(2013年)で書かれる「多孔化」につながる話をしている!
・佐々木サン、”一人セカイ系”
・Life打ち上げでカラオケが行われたらしい。森山、佐々木両氏で「シャングリラ」(チャットモンチー、電気グルーヴ両方)をデュエット
・チャーリー、「最近、ネットで流行ってるツイッターっていうサービスが…」、「最近プレステで出た『ひぐらしのなく頃に』…」等発言。時代を感じる。あと、番組通して、めっちゃmixiの話が出てくるところも
・仲俣サン、免許の学科試験に落ちたことがある
・森山サン、男女の友情について「セックスできる相手じゃなきゃ、友達になれないんだけど、絶対にセックスはしちゃ駄目」
・AVまわりの話題、チャーリー「氷高小夜」、斎藤「わくわく動物ランド」、森山「Oh Yeah」、津田「ラーメンを戻す」
・星野源『ばらばら』を、すでに森山サンが紹介している
・「バージニア工科大学銃乱射事件」のこと、すっかり忘れてしまっていた。ニュージーランドで銃乱射事件が起きたばかりだが、<似たような事件>として、さまざまなことを忘れていく自分が恐ろしい
・森山サン、メールで告白、「一週間後に告白する」と予告するという、今どきの学生について、「真剣に告んなきゃだめだって」
・「福田和也が立川談春に会って、ほぼ第一声で『友達になってください』と言った」というエピソード(佐々木サン)
・佐々木、仲俣両氏「友達だよね?」と確認しあう
・detune.が『わ・を・ん』をリリース。番組にメールを送っている
・アナというバンドの結成話、『今夜はブギーバック』のオザケンパートを口ずさんでいたら、「1、2、3」と入ってきたことが出会いとチャーリーが紹介しているが、本当?
・黙ってオザケンのCDを差し込む黒幕
・チャーリーと黒幕、打ち上げでブギーバックを歌っていた
・なお、その打ち上げのカラオケにいなかった斎藤、津田両氏、若干の疎外感を感じる

ほら、聞きたくなったでしょう(そうでもないのかな?)。まあ、聞いたところで、”ともだち”というものの謎や、それに対する疑問が、すぐに氷解するなんてことは、ないわけだが。

僕としては、友達というのは、ある種、全人格的なというか、すべて分かりあうもの同士というイメージと、機能分節的なというか、「飲み友達」、「将棋友達」、「ネット友達」等なんでもいいけれど、それぞれに分かれているというイメージがあって、で、全人格的なつながりは鬱陶しいというのと、機能分節的なつながりは味気ないというのの、そのどちらにも真実があって、両方の間にあるものなのかなと思った。