間違ってないし、正しくない

ブログ「いらけれ」

「攻めた」とか「攻めてる」とか、本当に嫌いな言い方なので、僕には使わないでください。じゃああれか、”攻めた文章”とかいって、忌憚のない意見として(笑)誰かの悪口とか書けばいいのか?ああん?姿勢とか威勢の良さしか見てないんじゃん。大事なのは内容でしょ?守るとか攻めるとかじゃない地点でないと、お話しにならない。

沖縄のことも、入管法のことも、本当に勉強不足でよく分からない。だから、何かを言うことはできない。何かを言わなければならないとは思わないけれど、何も知らないことは恥だと思う。不意に始まって、不意に終わるのが人生だ。すべてが何も知らない内に決められ、何も知らない内に変わって、何も知らない内に終わっていく。だからまあ、それはそれで、しょうがないことのかもしれないけれど、知らないのは恥ずかしいという気持ちは持っていたい。

狐に化かされたような1日だった。朝起きる時に手をついたら、それが近くにあった眼鏡の上で、フレームからレンズが外れて、「壊れた!」と思ったとき、つまり、朝からどうもおかしかった。夕方に散歩から帰ってきて、くつろぎながらスマホをチェックしていたら、アプリをダウンロードしてミッションをクリアすると、auのポイントがたまるというものに、新しいアプリが追加されていた。それはシンプルなソリティアで、一回ゲームをクリアすればいいという条件だった。それで、メチャクチャ久しぶりにソリティアをプレイすることになる。以前使っていたパソコンには、ピンボールとソリティアが入っていた。そのころは、学校にも行かず暇だったから、よくやっていたものだった。ルールを思い出し思い出し、まあ、そりゃ最初からクリアはできないだろう、2回目も、まだコツがつかめないから3回目は運がなかったな……とギブアップを重ねることで、少しずつ攻略の糸口を見出していく。7回目ぐらいで一つクリアし、二つ目三つ目と、熟考し、手順に悩みながら連続でクリア、四つ目が一発クリアできなかったところで、スマホを放り投げたら22時だった。しっかりと24ポイントが付与されていた。ただし、時間は返ってこないから不貞寝した。追記:よく見たら、アプリのタイトルが「フリーセル」だった。そのことに気づいて、初めて「ソリティア」とは何なのか、「ソリティア」について検索し、調べ、非常に勉強になった。なので、もし私のように知らない方は、調べてみてほしい。

抗議するということが、(抗議する人間は、雰囲気を悪くする、和を乱す……だから、そう見なされたくなければ、抗議するなという感じで)封じられている気がする……。すべてが交渉と話し合い、合意と和平に、なごやかにすり替えられた後の世界は、信じられないほど不幸なのではないだろうか……。怒るべき時が来たら、怒らなければならない……。

ブログ「いらけれ」

Posted by 後藤