繰り返し繰り返し繰り返し…

ブログ「いらけれ」

この人生が、一度しかないという事実に震撼する。やりたいことを、やるしかないだろう。

ヤクルトと日ハムのトレードじゃなくて、やっぱりファンにとっては、秋吉と谷内のトレードなんだよな。もちろん高梨と太田は応援する。でも、投げに投げていた秋吉のことや、一軍での覚醒を期待した谷内のこと、その思い出と期待と気持ちが、来年もチームにいると思っていたから、この心に残っているから、とても大きな寂しさを感じる。

今はあまりにもアーカイブが残りすぎてしまうから、僕も当たり前のように、ラジコのタイムフリー機能を使ってしまうし、その気になれば好きなラジオ番組の音源を、すべて残しておくこともできるだろうし、でも、大切なのは、そこにないものを思うことで、見れないテレビ番組や映画、読めない本や聞けないラジオ番組を思うことは、死んでしまって会えない人や、過去や歴史や、未来を生きる子どものことを思うことに似ている。本当はもっと、いろんなものが、決定的にアクセス不可能になった方がいいと思う。アクセスできてしまうからこそ、真剣に思うことがなくなってしまっているような気がするから。手を伸ばしてもつかめないものと、関係を結ぶことは確かにできないが、関係を結べないものは、切り捨てていいというわけではない。むしろ、そこに人生の真実の大半はあって、だから思うことはやめてはいけないのだ。

あらゆることは冒険だなと思った。今日は鶏もも肉を焼いてみた。あとカット野菜で野菜炒め。今は弱火で焼く、炒めるのが”科学的”らしいですよ。肉から水が出る様子を眺める(そして、キッチンペーパーで拭き取る)。レシピ通りにやったけど、火が通りきっていなくて危ない危ない。でも、こういうことも楽しい。フライパンも皿も、油ぎっていた。シバハマラジオの水曜日を聞きながら食器洗いもして、汚れがきれいに落ちない部分を見つめる(そして、スポンジでこする)。上手くいかないことも、分析したり考察したりが面白い。こんなことを言っていられるのも、たまにしかしないからで、毎日している人は大変だろうし、心底すごいと思うから、僕がほめてあげるよ。

スマホを落としただけなのに、玄関の床で跳ねて角が欠けて、それが操作するときに手のひらに引っかかって、結構な不快感。機種変更しようかなと思う。しかし、新しい機種のどれがいいかとか、自分の携帯電話のプランをどのように変えるべきか、格安スマホと呼ばれているものとの比較とか、難しくて分からないからといって、それを調べたことで、何かをやったつもりになるのは、違うんじゃないだろうか、自分よ。入念なリサーチの結果、来年の1月末のあたりで、機種変更をしようと決めた。2時間くらいかけて。

ブログ「いらけれ」

Posted by 後藤