非人間的なわたしへ

ブログ「いらけれ」

上に立つ人、権力者の不正のニュースがいっぱいで、普段「日本すごい」って言っている人たちは、「めっちゃ不正しててすごい」とは言わないのかなって思う。
そんなことより、とにかく「すごい人」っていて、それは量(何万冊読んだといったような)においてもそうだし、質においてもあって、素晴らしい文章をインターネットで読むと落ち込むし、あと、日記として書かれていたものが書籍として出版されている人を見たりしても、やっぱり虚しくなる。ここでは、生まれつきの能力の格差や、環境の格差といったものをどう捉えるか、ということが問われるわけだが、僕はただ、夏の暑さと同じくらいのやる気を奪われて終わり。
そうやって心の死んだあと、大いなる絶望から”ゾンビのように”立ち上がった人が、何かを成すということもあるだろうし、それを目指している。現実は一銭にもならないで終わり。冷めてんだか、燃えてんだか。

あまりにも書くことがない、一日中プロレスを見ているだけだからな。ボビー・ラシュリーとローマン・レインズの抗争の感想も特にないしな。そこまで悪くなかったはずだけど、誰も望んでいないのは確かだしな。しかし、大衆の望むものをそれそのまま形にすれば、即素晴らしいものになるかというと、そういうわけでもないしな。とはいえ、望まないものを押し付けられたら、そりゃもちろん反発するし、反感を生むのはしょうがないしな。ただ、ドリュー・マッキンタイアとドルフ・ジグラーがICベルト戦線に絡んできて、いい試合しているのには満足しているし、アンドラーデ・シエン・アルマスとSAnitYが上がってきたことにも満足しているし、NXTにはいつも満足しているし、最近の205(特にバディ・マーフィーとムスタファ・アリ!)にも満足しているがな!

「一刻も早く雑音を消してほしい。私たちは正しいのに、世界の裏側から蛮族が、誤った狂信者が、洗脳された人々が邪魔をする。」って、あなた方が思っていることは知っている。世界は終わっていて、進歩したテクノロジーで人が死ぬ。
生まれくる人々に、何を残せるだろうか。未来ある人々の問いかけに、その期待の眼差しに応えられているだろうか。夏休み子ども科学電話相談は、次の質問です。

凍らせたバナナが、その想像上の味や期待を下回ることは皆さんご存知だと思うが、しかし、それにバニラアイスを合わせると、非常に美味であることはご存知だろうか?
私はバニラバーを、わざわざバーから外すことまでして、これを食べている。本当においしい。ポイントは、食べやすいようにバナナを予め切っておくときに、あまり薄くしてしまうと、バナナ特有のまったり感がなくなってパリッとしてしまうため、「やや厚めの薄切り」にしておくことだ。あとは冷蔵庫にいれて、バニラアイスと共に口にいれて、官能の世界へ行くだけだ(と、書くほどのものかどうか、ぜひ皆さんお試しください)。

※人生に何が起こっても、どうせ死ぬまでのものだ。(今日から仕事です。明日のブログに注目だ!)

ブログ「いらけれ」

Posted by 後藤