最低限をくださいっていう運動

ブログ「いらけれ」

「2018/08/18 今日のボイスメモ」
わたくしのやっているポッドキャスト番組「ボイスメモを公開する。」が、昨日更新されました。蝉がうるさいですが、聞いていただけますと嬉しいです。とはいえ、今回はリハビリみたいなものなので……次回に期待だ!(なお、次回の予定は未定)。ただ、番組内で言っていることは本気で、このサイトに文章を載せたいという方がいればなーというのは思っています。もし書いてもらえるなら謝礼を、とも考えていますよ。どなたか名乗り出てください……!!

上述のポッドキャストでも言っている通り、仕事上のいろいろなこと、職場で起こるあれこれを、社会勉強だと思って生きています。基本的には「やめマン」(辞める気マンマンの略。僕の造語)だけど。だって、嫌なことばかり起こるのだもの。辛くない人生がほしい。
とにかく、交通費が出ないとか、残業代が出ない、残業時間が長すぎる、時給が基準以下など、レベルはさまざまでも、とにかく最低限のラインを守っている会社に入るだけで大変なのです、今の時代。まず、ちゃんとした休み時間があり、その時間にも給料が払われるだけで、素晴らしいことなんだよ。こうなってんのは、最低限すら守らない会社が多いからで、だからこれから会社に入る人(学校を卒業して就職することを、絶対に「社会に出る」とは言わないぞ)には、気を付けてほしいと思うし、僕も次はまともな会社で働きたい。いや次のためにこそ、せめて最低限をくださいっていう運動をすべきだろうか……。

あらゆるネガティビティが鈍色。予め決められた一日の、予定された狂気。あるいはその反対に、私が叫ぶ自由。それから少しずつ獲得されていく、獲得されていくべき幸福や未来の可能性について、考える23時の電車内。不定のリズムで走る狂気の溜まった箱。瞑想からのみ得られる自由と、少しずつ失われていく時間がそこにはある。ポケットから取り出した、この指先が実現する悪態。画面に表示される、連なる言葉が裏返る瞬間があって、だが、それは決して祈りではない。疲れているのでもない。諦めそうになっているだけだ。振り返れば、一足飛びで手に入れようとしていたのかもしれない。明日のことは分からない。だから、もう一度、なすべきことのためだけに生きることを望む。

あらゆるシーディーの、最後の曲とボーナストラックとの間のブランクを埋めるためだけに、あるいはそのブランクを取り除き分割するためだけに法律を作りたい。だって、スマホに取り込んで、ランダムで聞く時に困るんだもの。最後の曲も、ボーナストラックも、結構いい曲だったりすんのにさー、10分無音が挟まって1トラックになってたりするとさー、ほんとやめてーって思う。かといって、自分で編集すんのは面倒だしなあ。”アーティスト”のみなさんは、どういうつもりでああいうことをしてるんでしょうか。あなたはイラっとしたことはないんでしょうか。そして、なんとかする術はないのでしょうか。ないのでしょうな。

ブログ「いらけれ」

Posted by 後藤