wifiという孔

東京ポッド許可局「Wi-Fiとびすぎ論」

あらゆる空間に意味の流入する孔が空いている、これは社会学者の鈴木謙介さんが「多孔化」といっている現象ですねー。参考:分断された社会をどう生きるか http://www.d3b.jp/youth/2503

私たちが、そのあり方を規定する前にどんどん便利になっていく。そこには、やはり戸惑いが生じる。

あり方や使い方は後追い的に決めていくしかないし、きっと、それが規定できる前に、新たなテクノロジーなどで条件が変わってしまったりするんでしょうね。

そうですねー、やっぱりその都度その関係(それは、人と人のみならず、人とモノ、人と場所、人と場合など)によって、その都度対応していくしかないのですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。