型と文

ただのブログで、さらにはTwitterでさえ書き方を考えてしまうのは悪い癖だ。内容よりも書き方の方が悩む。

テクニックとかそんなことではなくて(テクニックなんて身に付いてない)、少しでも工夫がないと自分が面白くないというか。自分が面白くなければ、やはり書けない。

全部一文にしてみたり、いつもの倍の時間をかけてみたり、見えるところからそうでないところまで、頭を使うのは楽しい。

脊髄反射で書くには、定型を使うのがいい。そしてそれは定型に対する僕の違和感ともつながっている?

出力する以前、脳内では割りとネット定型的な感じで思い浮かぶ。しかし、ある程度の余裕を持って書ける時は、違うように書くようにしている。

型は、面白いことを伝えたい時に便利で、だからつまらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。