書きえないものを、書くということから

書きえないものを、書くということについてよく考える。明らかな影響を受けているのだが、それは重要ではない。

私の思う書きえないものとは、今まで誰も書かなかった、書きえなかった突飛なこと、奇抜なことでは決してない。それは、書かれたその瞬間から、書きえないものではなくなってしまうからだ。書きえないものは、書けない。これは、言葉遊びではない。

※この記事は随時加筆していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。