ケータイとショーセツ

芥川賞・直木賞の発表があった翌日、ケータイ小説について考えていた。

そんな大仰なものではなく、ただ、考えていただけなんだけど。
どこへ行ったのか。

携帯電話で(ガラケーで)メールを読むように(それに近い気持ち)読む小説(のようなもの)として理解していたのだけれど、そもそもこれがあっているのか、どうか。

スマートフォン、SNS。だいぶ条件が変わって、文化も変わった。
でも、人はそんなに変わらないと思うが。
TwitterやLINEでのコミュニケーションに全て置き換わったのか、そうでないのか。
ケータイ小説に求められていたものは、いま何に求められているのか。

さっぱり分からない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。