名曲は、遅れてやってくる

愛想ない携帯の音が しつこいくらい催促してた
十三回鳴って途切れたんだ
ああ それは君からの乾いたグッドニュース
素敵なグッドニュース そう 素敵なグッドニュースさ

SPARTA LOCALS/「Good News」
http://j-lyric.net/cd/zB001NAKZ2E/t162122.html

これを初めて聞いた時から、どのくらい経ったのだろう。このPVを初めて見た時から、どのくらい経ったのだろう。アップロード日から推測するに、少なくとも、5年以上は経過していそうだ。
スパルタローカルズは、「トーキョーバレリーナ」のPVで知ったのかな。引きこもりのニーティング中学生で、ラジオと音楽専門チャンネルとスポーツ専門チャンネルばかりみていた時期に聞いて、変わっていて、引きつけられた覚えがある。
「ロックとハニー」「FLy」「ばかやろう」「IdOL」とか、好きだった。でもこの「Good News」は、分からなかった。もっといえば「ダメだ」と思った。自分の好みから外れてしまったのだと思った。でもその後に発表された「水のようだ」は好きだった。

先日、この曲のサビの一節とメロディが頭に浮かんだ。珍しいことだったし(なにせほとんど回数を聞いていないのだ)、不思議な気持ちになり、YouTubeをひらいて聞いた。そしたら良かった、そしてそれに驚いた。
きっと、色々な音楽を聞いてきたとか、さまざまに蒙を啓かれたとか、経験や加齢とかが複雑に関係していて、自分では判断できないけれど。”するめ曲”のような受け取り方とは少し違うことは確かだ。

バンドは解散してしまっていて(ほとんどのメンバーは「HINTO」というバンドで活動しているが)、どこか後悔している。そんな後悔したって仕方ないのだけれど、夢中になる機会があったのに逃してしまったという気持ちだ。好きなものを、ちゃんと好きでいたほうがよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。