コラム「後藤の超批評」, TWICE

話は、僕がYouTubeで動画を見たところから始まる(「お前いつもYouTube見てんな」という指摘は受け付けません)。つまり、モモりん(TWICEというアイドルグループのー…ってさんざん書いてるので、もういいですか。そうですか。)が、一週間で7キロやせろと事務所に言われたというエピソードを話していた(「V LIVE」の放送が、日本語字幕を付けられて転載されていた)のを見てしまったのだ。

コラム「後藤の超批評」, 音楽

私は、YouTubeを開いて、そして、「あなたへのおすすめ」に、「Homecomings – Songbirds(Official Music Video)」が表示されているのを見つける。

コラム「後藤の超批評」

暗い洞窟を進んだその奥に、沢山の蝋燭の炎が並んで煌めいている。……この光景を直ぐに思い浮かべられた方は、落語好きかもしれない。これは、有名な「死神」という演目のワンシーンだからだ。この噺の中では、蝋燭の長さとその火の勢いは、この世に生きる人の寿命の長さを表しているが、私は、確かに命とは蝋燭の炎みたいなものかもしれないと思った。

コラム「後藤の超批評」, 頭痛派

2017年も終わる。もう直ぐ。これを読む貴方にとっての2017年、それはどんな年だっただろうか。貴方に起こった良いこと、悪いことを思い出しながら読んでほしい。とにかく貴方は(僕も!)生きのびた、生きのばしたと言った方がいいか。そのことを、まずは祝福しよう。