ブログ「いらけれ」

ここのところ、この日記に広告が表示されないパターンが増えていることに、あなたは気が付いていただろうか。自分ではクリックしていないのだが、8月に「無効なトラフィック」(自分/依頼した第三者が、不当に収益を得ようとするクリックを行うこと)が検出されたということで、広告の配信が制限されているようだ。
インターネットでお金を稼ぐのは難しいんだな、ということを学んだ。グーグルがどのように判定しているのか、これでは悪意を持った誰かが、広告(の権利)を剥ぐことができてしまうではないか(実際に、「アドセンス狩り」と呼ばれる、そのような嫌がらせも行われているようだ)。
でもまあ、別に良いんだ。強がってるわけじゃなくて、そもそもが勉強と、練習と、会話のネタにするために作ったサイトだからさ。初めは日記だって書いてなかったわけだし。稼ぎは毎月数十円だったわけだから、身の立て方を考えなければならないのは、広告があってもなくても同じことだし。
ただ、なぜか魂を削りながら、日々これを書いているので、リアクションがあると嬉しいなあと、とても直接的に呼びかけてみる。なんかあったら、いや、なんもなくても、コメントを送ってみてよネ。

愚かしい人々と、さもしい人々が上に立つ。問題は、踏みつけられながらも、それを許すばかりか、権力者を支持したり、応援したりする人々が出てきていることだ。つまりこれは、あちら側にいる人々の、意識を変えるための戦いである。だからまず、「意識を変えるための戦い」の渦中にいるのだと、こちら側の私たちが、意識を変えなければならない(といったように、世界に線を引く者を警戒せよ)。

Mリーグが開幕したので、それを見ているって書けば、日記らしくなるだろうか。日記らしく書くことが、目的だったのだろうか。ああ、麻雀は面白い。
そうだった。この前、僕がなぜ、これほどまでにゲーム、なかでもボードゲームやカードゲームが好きなのか、考えたのだった。
もちろん、単純に「勝つのが好き」っていうのはある。生活のなかで、はっきりと他者に勝つ瞬間って、そうそうないからね。僕らは、心のかなり深いところで、争いたいし、勝ちたいのだと思う。
もちろん、純粋に「頭を使うのが好き」っていうのもある。今日だって散歩中、”「バトルライン」における戦術カードを引くベストなタイミング”を考え始めたら、聞いていたラジオが耳に入ってこないほど、没頭してしまったからね。思考すること、それ自体に快楽を感じてしまう人間が、僕らだ。
でも僕は、それだけではないと思う。ゲームが持っている、もっとすごい何かに触れる瞬間が、好きなのだと思う。あれは、真剣にゲームをプレイしなければ、得ることのできない感覚で、一枚、一手、一アクションによって、すべてがひっくり返っていく、その一瞬にやられているのだ。それは、ここまでの不運や不遇、犯した失敗や間違いでさえ裏返り、逆に、それこそが運命的な”正解”だったのだと、肯定されてしまう奇跡……。

朝礼の校長先生みたいに、とてもつまらない話をしてしまったから、これでは反応が無いのも当然だろうと、反省したからといって、話が面白くなるわけではない!私語を読んでいるあなたが悪い。