ブログ「いらけれ」

部屋のカーペットでずっと、それで差し支えが(少ししか)なかったからそのまま、マウスを動かしていたことは、確かに反省すべきことだと思うし、それで、親が用事でいないリビングで、今日はブログを書くぞと意気込んだものの、マウスが反応しない。マウスの下に敷くものがない。
それで、家の近くの100均に行ったら閉店セールだってことで、商品はすでに持っていかれてしまっていて、とにかく物がない。物がない100均、しかも閉店特別価格で100円じゃない100均という場所に、不思議な感覚にさせられる。マウスパッドはない。こんなときに閉店セールじゃなくても、いいじゃんかよーと思う。
この世のどこかにあるというマウスパッドを探して、駅の向こうのスーパーの100均まで行ったら文具のコーナーにあって、帰り道に寒いなあって思った。すぐ帰るからと、半袖Tシャツに薄い上着で出てきてしまったけど、よく考えてみるまでもなく、もう11月なんだよな。11月かあ。季節に合わない服装はやめなければ、恥ずかしいから。

この止まらない鼻水はなんなのか、ということです。ダラダラと水のような液体が、顔面の中央やや下に開いた穴から流れ出て、ついでに意識がぼんやりとするこの症状は!何が原因なのでしょう。おそらく、秋の草花による花粉症か、急な気温の変化による風邪だと思うのですが、そのどちらでも嫌だ、嫌だ嫌だと鼻水垂らしています。とても辛い。

「書き忘れていたこと」にも書かなかった、一昨日の面接の”感じ”がどうだったのかということは、書かなかったことで推して知るべしということです。受かる受からないじゃなくて、受かってもいかねーって感じだった。仕事内容がそんなだなんて、聞いてないよ~。求人には、事実しか書かないようにしてほしい。そうやって面接したところで、結局どちらの時間も無駄になるだけなのだから。
まあ、受けた会社が赤坂で、いつもラジオを聞いているTBSの社屋を『大きいな……』と思いながら眺めたり、大分ご無沙汰してしまっている「双子のライオン堂」という本屋さんの近くを通ったりしたのは楽しかったけど……僕の未来はどうなるんだろうか本当に。満員の地下鉄で泣きそうになった。それでまた、新たに出版社に応募したけれど、どうせ落ちるんだろうし。

「コメントを書いてくれると嬉しいよ」って書いておこう、伝えないと伝わらないことばかりだから(この言葉が本当に伝えたいことは、あなたが何かしないと、僕の心が折れちゃうんだってことなんだけど、それは伝わっているのだろうか?)。