ブログ「いらけれ」

芥川賞・直木賞の受賞作が決まったけれども、別に候補作を読んでないし、「俺がいつか取ってやるから待っとけよ!!」的な思いもないどころか、特に感想もない。ただ、「文学賞メッタ斬り!」が聞けるから、賞はあっていい。正直、小説より番組の方が好きで、小説より面白いと思う。そんな奴に小説が書けないのは道理で、でも、もうそれでいいってなっている。商業出版される小説なんて、書けなくても別に。ここで書いてることが、書きたいことで、書きたいことが書けているから。芥俺賞の受賞者はいつも俺。

暑いって書き始めたら、毎日暑いって書かないといけないくらい暑い。地球規模で起きていることなのか、特別にこの列島がそうなのか分からないけれども、とにかく異常が日常になってしまった。本当におかしくなってしまったようだ。やべー暑さ。
この暑いに「伝統的な方法で」とか、「私の小さかったころは」とか言う人は、ナウ、エアコンの無い家に暮らしているのだろうか?それなら尊敬はするけれども、それを誰かに押し付けてはいけない。なぜなら人が死ぬから。で、高校野球の予選とか、甲子園とか、まじでヤバいと思うけど、本当に悲劇が起こらないかぎり何も変わらないだろう、そういう国だから、と思ってしまっていて、そういう自分が悲しい。

テレビの通販のCMで、「憧れのダイソンをご紹介」って言ってたけど、ダイソンに憧れていない。
今の企業って、どうやって良いイメージを人々に植え付けるかというのを、かなり戦略的にやっている”イメージ”がある。憧れ、特別さ、崇高さ……。そういった偶像的な価値を共有させようとしている。ダイソンも、例えばアップルも、それに成功している企業だろう。
僕は、そういうの苦手なんだなって思った、ブランドとか。憧れろって言われると、憧れたくなくなる。根性が曲がっている?

何も見えなかった。目をつむったまま、うつ伏せに横たわって、室温は30度を超えている。何かの音。首を振る扇風機?昼に高周波で鳴く虫?近くの駐車場の車のエンジン?遠くのマンションの工事?つけっぱなしだったテレビから、誰かが語りかけている。新しい扇風機の通販の説明のようだ、ブランド物の新製品を扱う男の手には手袋がしてあって、三つの円形が重なったような形のそれを恭しく、アシスタントの女と持ち上げて、その撮影現場でADとして働く僕は、また上司の男から怒られる……。
夕方になっても、僕は起きないで、まだ夢を見ていた。


泉まくら 『枕』 (Official Music Video)

「地獄の湯でのぼせるも一興 そういうの知らない人って案外居るの」
東京の夏でのぼせるのも一興?
「ポジティブに脅されて ただハイになってくなんて危ないだけ」
だぜ。