シュミシコウ

結局は癖(へき)だ。その無内容さが良い。それを受け入れられたならば(一般化したいという欲望で、他者を従わせようとする浅ましさ!)。

あることが、そうでなくてはならない理由は無いが、そうでなくてはならないというような執着こそ、称えなければならない。

拘りが美しいと知り、感動する。例えばそのようにあるとしたら、幸いである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。