映画・映画・映画!

楽天レンタルというDVD宅配レンタルサービスで、レンタル料無料(送料のみ)クーポン+割引クーポンが使えて、非常に安く映画が借りられたので、9本も借りてずっと観ていました。それぞれの9本が、それぞれ面白かったのでコメントしつつ紹介します。

『マン・オン・ワイヤー』
綱渡りを成功させるまでのドキュメンタリー。それでいて犯罪を犯すドキドキの面白さもある。

『ボウリング・フォー・コロンバイン』
マイケル・ムーア監督。分かりやすい主張と確かな意図で作られている。見て損はなし。

『シャイニング』
キューブリック節。ジャック・ニコルソン、有名な顔、トゥーマッチ感。最後は笑ってしまった。

『ROOM237』
からの、シャイニングを語る人々の映画。というか、ほとんどシャイニングの画しか映っていないので、シャイニングを語る言葉の映画。これについては、一本書く予定。

『オールド・ボーイ 』
ざらざらした傑作。全部は成功していないと思うけれど、成功している部分の凄みでお釣りがくる。

『櫻の園』
一方、こちらは完成度が高い傑作。リメイク版ではないですよ。言葉づかいがどうしても古く感じるけれど、そこも良さにつながっている。見てから日映シネマガ「櫻の園」篇を聞いてほしい。

『セブン』
胸糞、後味が悪い。犯人役をやっている、ある俳優の演技の素晴らしさ。 傑作(好きじゃないけど)。

『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』

これもかなりの演技合戦。

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』

見方の階層がたくさんある。ゆえに、映画評を見聞きする楽しみも大きい。違法な動画だけど、伊集院光だとか宇多丸だとか、いろいろな考え方を聞くのもいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。