連作短歌「孤独なボウリング」

ピンみたくペットボトルが転がった テレビに映っていたボウリング

芸人が球でもないし芸人が股を広げて待ってもいない

突然に曲がるボールを投げている典型的なフォームの選手

プロボウラーと中二病にだけ許された手首まで覆うグローブ

床はピンとボールと関係を持つ 選手はボールを投げるしかない

投球の前に選手にかけられる大声 そういう応援なんだ

BSに多いクラシック番組 跳ねて倒れるピンの交響

ターキーはやったことないのに知っていてオープンフレームは知らない

顔面はボール同様穴がある 試合はどちらかが勝っている

口や鼻 目や耳があるだけのボール なぜこんなにも人の顔には

かわいい子とかわいくない子のボウリング決勝はかわいい子が勝った

負けてする爆発的な祝福が少女のようだ 飛び跳ねに跳ねて

男子選手から放られる青色の躊躇の無さが油を滑る

ボウリング選手が語る意気込み ボウリング選手らしいインタビュー

誰だってストライクくらいなら経験がありボウリングはすごい

ボウリングとは比喩である いやちょっと内気なだけのただのスポーツ

今までに取り残されたことがありバーに倒されるピンの気持ちだ

君が投げ 繰り返すこのボウリング ああボウリングみたいな恋だ

偶然の要素が少ないように見えスペアの方がよりテクニカル

ストライクがストライクを呼び点数は倍々ゲームさながら増えた

決着が10フレームを残して付いた 勝敗ではないただの投球

ボウリング終わって走るモンゴルの馬も同じアジアのどこかに


初めての連作短歌の題材がボウリングだし驚いていた

タイトルは読んだことない図書館の本の背表紙から頂いた

ピンアクションみたいに不確実 これは短歌ではなくボウリングです


もしこれを読んで面白いと思われた方がいらっしゃいましたら、毎日更新しているこのブログ「いらけれ」、あるいはポッドキャスト「ボイスメモを公開する。」をぜひ。

ポッドキャストの最新回「2018/06/09 今日のボイスメモ」では、この短歌を作ったきっかけや、人間が詩人になるということについても喋っています。また、ラノベ作家のヘイトスピーチ問題についてや、分人主義について、自分の興味あるものしか興味がないという風潮についてなどなど、色々話していますので、なにとぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。