Be hurt

ナボコフの書いた『変身』の余白のスケッチは「nabokov kafka metamorphosis」で画像検索すれば、見ることができる。

サイトをつくるのだって、ブログの移転だって、やりたいと思ったら数日以内にやってきた。私は、自分のやりたいと思ったことを、それが他人に影響されない範囲でならば、実現することが出来るのだ。一人喋りをやりたいと思っている今、それは数日以内に始められるのかもしれない。

米国のイラン核合意離脱のニュースに、「ガソリンの値段が上がる」とコメントしている人を見た。卑俗な人々のことを考える。

【音声配信】野党の要求に適切な答弁や証拠が出てこない限り“国会異常化”は続く▼2018年5月8日(火)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

政治的な立場を越えて、おかしいことはおかしい。直接的に利益を得る立場ではないのに、どれだけ無茶苦茶やってても 、それを応援してしまう人々のことを考える。そういう人々のことを。

これの驚きポイントを解説しよう。この局面は、お互いに守らず、飛車の先の歩を突いていくとなるもので、初心者が真っ先に習う局面である(結論は先手がダメ)。

そしてその局面に、プロを遥かに凌駕するといわれているレベルの超強い将棋ソフトが突入してしまったというものなのである。そして、右側のグラフ(評価値グラフ。対戦しているソフトは、その局面の有利不利を判断し、点数を付ける。それを連ねて、グラフ化したもの)が下側に伸びていることからも分かるように、すぐに後手が優勢になる(その後、差が詰まったらしいが、後手勝ち)。(もしかしたら、私のパソコンのスペックが低いからかもしれないし、ダウンロードしていじっていないが、ソフトの設定の問題かもしれない。念のため。)

明日こそは書こうと思っていることばかりだ。「洪申豪選詩集」のこと、sjwについて、The Undisputed Eraのサイズ、コメント文学とは何か……。気が向いたら書くよ、いつかね。


EELS – Be Hurt (AUDIO) – from THE DECONSTRUCTION

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。