「あることないこと」とは、用心深く人から嫌われない態度で書かれたことだ。周到に、決定的な政治の話題は避けていた。そして、書かなかったことがたくさんあった。例えば、虫歯を見てみぬふりしていた左の奥歯が、骨があるとしらず焼き鮭を噛んで、頭の中に痛みが響くとともに欠けたこと。
そんな風にして僕が書かなかったことは、世界中から顧みられることのない事実として、確かにあった。


Bibio – lovers’ carvings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。