希望の、ありか

「希望」は、未来とつながる言葉だ。そして、未来をコントロールできると信じる人の言葉だ。

日常の深くに自己啓発が入り込んだ社会。希望を語る人を見ると、構えてしまう。

祈りにも似た望み、小さな願いは、生きていく上で欠かせないものだろう。しかし、人の力の及ばないものはある。変えようもないもの、どうにもならないもの。

大きな希望を語る言葉は、まるで、未来を思い通りにできるかのようだ。すべてが想定内のようだ。

できるなら。

大きなものを意識しながら、かすかな希望をもって生きたい。
そうならないことを楽しみながら、こうなったらいいな思ったり、どうなろうと「そうきたか!」と諦め笑ったりしながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。