覚醒と金字塔

どれほど書いてもこんなものだと、こんなものでしかないと、それが残念だと、でも、それなりに考えてんだと、でも、こんなもんかと思う。

それは、一秒一秒見逃さないように観たり、一行一行念入りに読んだり、そういう集中、たとえば落語の高座を観るときの、今日のことを決して、出来ないんだけれど忘れないぞと言うような、そういう集中すらしていないのだから、しょうがないと思う。

まあでも、三十年後とかに良くなってればいいんじゃないの。面白くなってれば。死ななければ可能性はある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。