「中二病」「黒歴史」とか、言わないで

「中二病」とは
「黒歴史」とは

もう”ネットスラング”といえないほど広まった言葉たちですね。語義も、変遷してきたものが、ある程度固まってきたように思います(もちろん今の時点ではということです)。

私は、高校三年生になる数日前の3月24日から、9月24日までの半年間、日記をつけていました。どうやら、高校生として最後の年に、何か残しておきたかったようです(頼むから受験勉強をしてくれ!そして高3で中二病はないだろう!)。

読み返せば、じーんとします。「この日記は誰にも見せない」と書いてあるので、彼を尊重して、書き写したりはしませんが……ヤヴァイ。ポエム書いてる。コラムニスト気取りのものもある。「人生とは……」というようなことばかり書いている。ヤヴァイ、確かにヤヴァイ(でも、それって今と同じじゃね?あんまり変わってなくね?とか言わない!)。

でも、そんなに悪く言わないでって思うんです。人生いつも黒歴史、永遠の中学生としての、皆様へのお願いなんです。

もう17、8歳のころは遠くになりにけり。心持ちは分からないけれど、そん時はそん時なりに考えて、良いと思っていたのです。そして、今の私も、これで良いと思っているのです。だから、昔の自分も、それで良いと思っています。少し恥ずかしいけれど。

何かに一生懸命だった自分は、何かから離れてしまった自分からは、滑稽にうつる。だから、否定したくなる。それは、他者に対する視線にも同じことが言えますよね。何かに一生懸命な他者を「痛い」「イタい」と形容するようなものとして。

冷笑的であることは、そんなに悪いことではないと思います。でも、そのことが自分を苦しめたりするよねってことで。

過去の自分の精一杯を、他者の懸命さを酷く揶揄すれば、あるいは全く切り捨ててしまえば、今の自分が精一杯に、懸命になりたい時に邪魔になると思うんです。だって、未来の自分に否定されるかもしれないし。

そんな時代もあったねと、そんな人もいるのねと、軽く受け止める。茶化してもいいけど、馬鹿にしすぎない。今の自分は、未来の自分に笑われるだろうけれど、それはそれでいい。そんな感じがちょうどいいんじゃないかなあ……と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。