とくになし。

本当にそうかどうかは置いとくとして、自分を切り売りしていった方が良いのだろう。
結局、私小説もある種の吐露として読むものとして読んでしまう。
それを読みたいと思う心が卑しいと思う私も。

「良いかとかそんなのは大丈夫で、ブログは風景とか書くし。」と思った。
不満が、そりゃ溜まってる……社会のせいにしたいから、愚痴ることもある。
しかし、それはそれで、あっていいものとして私は、一昨日書くのを止めた。

で、こうやって書くことがもう一つの吐露になっていて、つまり逃れられないのだなと知る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。