Renaissance

2018年6月18日放送分、東京ポッド許可局「遊び心論」聞きました(論の名前で思い浮かんだのは、PUNPEEの曲だった)。
真面目に見えない遊びこそ、僕たちの日常には必要で。肩肘張らないはでいられない、コスパ計算しないではいられないっていうのは、僕たちの、スマホ以降の時間感覚による切迫感ですよね。
ていうか、許可局を「緩い」って言っちゃう人は、自分でラジオやってみればいいと思う。ネタ的じゃないのに、お笑い的にキツキツに見えないのに面白いって相当テクニカルだよ。
あと、杜撰を、あるいは欠陥を楽しむっていうのは、あってもいい。それは高等な遊びだけど、そういう理不尽をなくそうとしてきたのが近代だしなあ、とも思う。
だじゃれのおかしみっての話の中で「二日後に花開くだじゃれもある」っていうマキタさんの発言があって、この言葉にこそ、おかしみがつまっていて感動した。
政策だけではなく、政局も実は歴史を動かしてきたことは、「歴史を忘れ去り、言葉を「凶器」として使う時代をどう生きるか」という、與那覇潤さんのインタビューでも話されていたので、読むといいかもしれない(ただ、與那覇さんの話は、別の方へ行くのだが)。
●聞き終わっての感想
しかし、許可局を聞くような局員は「分かってる人」なわけで、本当に遊び心を身に付けなければならないような、強い切迫感を持って生きている人は、そもそも許可局を聞かないだろうし、また、こういうった話を聞いても、その余裕を憎みこそすれ、決して変わらないだろう。
この円の外側にいる人にどう届けていくのか、許可局ワードでいうなら遠心力の問題は大きいなあ、と思った。

「ポスト「失われた10年」に語るべきこと~Part4」
文化系トークラジオの過去回ばかりを、ええ(最新回はまだ聞いていないのに)。内容全然覚えてなかった、というか、聞いたときには分かっていなかったことが多かったから、発見が多かった。
この総括でのチャーリーの、実存の言葉についての語りは、3.11以後の世界から聞き直すと、やはり少し意味が変わってしまっているというか、”社会が変わってしまった”のだな、と思ったよ。
で、でもこれが残っていることが重要だと思うんだ。10年後に聞き返せる/読み返せるということ。そして、時間を経て振り返ると、当時の意図を越えて、面白いと思えることを言っていくこと。
僕も、10年後に読み返したときに、「時代の空気が分かる」という地点を越えて、そういうのと無関係に、面白いと思われることを書いていきたい。真剣に、ちゃんと頭を使って書く。それが種を植えることになって、いつか花咲くというイメージ。だから、速報性はツイッターに任せて、時間を置いてサイトに書いていく今のスタイルも悪くないのだなと思った。
だが、10年後にこのサイトがあるのか、それは不明だ。サーバー代とドメイン代を払えるのかという問題!

トランプ大統領、G7で安倍首相に暴言か
マイナスとマイナスをかけるとプラスになるのは算数で、現実ってプラスにならないんだなって思った。
しかし、「トランプがキング」って、やっぱ〈現実〉は、悪い冗談なのではないだろうか。

もう会わない人がいるだろう。お互いの網膜に映っても、心が通い合わないと「会った」といえないのならば、もう会わない人がいるだろう。僕には。「でも、そういう人がいることこそ、あなたが人生を生きた証だ」とか、それは慰めにもならない言葉で、だって、僕は今でも好きだし。好きだし、だからこそ、何をしても無駄なこと、僕に対してはもう心が開かれないことが分かってしまっている。痛いくらいに。もし、僕がノーベル何とか賞を取ったら、連絡をしてくれるだろうか。もし、あの子がノーベル何とか賞を取ったら、僕は。


Glen Scott – Heaven

「InterFM897 Music Mix」で聞いて即チェック。YouTubeで見つけた(公式だよ!)ので、ループ再生しながらブログを書いていた。
このグレン・スコットって人天才では?ちょっと再生数少なすぎでは?「再生数の少なすぎる動画を広める会」の会長である僕としては見過ごせない!
……などと、Googleで検索してみたところ、この「Heaven」という曲は、発売された99年当時、日本全国のFM局でパワープレイされるヒット曲になり、彼の来日公演も行われたらしい。佐藤竹善は、この曲を聞いて、この曲のエンジニアと仕事をするためにナッシュビルへ行ったらしい。
色々な歴史の集積が、知らないたった一曲にもあって、すごいなーと思った。

Let me tell ya now

「6.チャンス・ザ・ラッパーとシカゴの政治/文化|アメリカ音楽の新しい地図」
この連載、僕はかなり好きなんですが、新しいこの記事も非常に面白くて、今ブログを書いてます。
まああの、チャンス君って政治家の息子だったの!っていう驚きはあって、これ有名なんでしょうね。僕は不勉強だからか初めて読みました。そういう背景のある人だったんですね。
モノ消費からコト消費(代表例としてのチャンス・ザ・ラッパー!)へ、っていう話と、イデオロギーの対立がアイデンティティーの差異に置き換えられた、っていうのを繋げるのはポピュラーなんでしょうか。僕は不勉強だからか初めて読みました。それぞれ個別には、よく言わているのを知ってはいたんですが。
そして、それらを全て繋げる構成が見事すぎますよね。すぎますよね?映画を巡るツイッター論争から始まって、途中に出てきた曲や単語を回収しつつ、チャンス・ザ・ラッパーのアルバムのポテンシャルと問題点を描き出す最後なんて、なんかウルっときたし。ウルウル。
大和田俊之先生には、「来月更新という予定を守って」とは言いません。これだけ学術的な内容を含みながら書くとなると(とても勉強になります)、また、書籍や論文、動画を引用しながら書くなると、時間がかかると思います。そう思いますから、「来月更新という予定を守って」とは言いませんが……僕は早く次回が読みたいです。また、お願いいたします。

それはもう大分前のことで、いつだったか思い出せないが、RTされてきて読んだのが「“非正規”歌人が残したもの」という記事だ。この記事を読んだことと、その後の私が連作短歌「孤独なボウリング」を作ったことに、どの程度の関連があるのかは自分でも分からない。が、それは今どうでもいい。
短歌界には他にも「鳥居」という人がいて(参考リンク:「「施設の新聞で字を覚えた少女」が絞り出す歌 セーラー服の歌人・鳥居に共感が集まる理由」)、私が彼女を知ったのは、ラジオでいとうせいこうが絶賛しているのを聞いたからだ。読めば分かることだが、間違いなく彼と彼女は言葉を持っていて、私はそれに複雑な気持ちになってしまう。
状況が人を詩人にするといったのは、他ならぬ私で、この言葉に責任を持たなければならない(先に紹介した連載に合わせて、状況は〈経験〉と呼び変えてもいいかもしれない)。だが、ある状況におかれた人が皆同じように詩人になるわけではないし、詩的に優れた表現を、作者のおかれた状況の”おかげ”だとするのにも問題がある。また、その状況から語られた言葉を気安く消費すること/過度に絶賛することは、そうした状況の再生産につながる、とまでは言わないが、それが本当に状況改善の契機になるかどうかは疑問だ。

「声を上げられない人の声というか」
「マンガとして表現されなければ世に出ていない人の声」

これは、文化系トークラジオLifeという番組の「日常と愛国心の間で」という回で、森山裕之が古谷実や井上雄彦のマンガを指して言った言葉だ。こういった(私の言い方でいえば)言葉を持たない人たちのことは、先のカンヌのスピーチに合わせてインビジブルピープルと言ってもいい。しかし、言葉を持たない誰かの状況を、当事者ではない表現者が代弁すること自体にも少なからず問題がある。「それは私の言葉でもなければ、私たちの代表の言葉でもないし、そこで描かれているのは、私や私たちの実情ではない」といった不満を、当事者たちが持つこともあるだろうし、また、表象されているのが言葉を持たない人たちである以上、そうした不満の言葉が出てきにくいという事情もある。
もちろん問題はあるものとして、とにかく先に進めば、この世界には、状況に対して「言葉を持つ人々(私もここに当てはまる……のかもしれない)」「言葉を持たないが代弁してもらえる人々」がいて、彼らの状況に光が当たっているというのが現状だ。しかし、本当に考えなければならないのは「言葉を持たず代弁もしてもらえない人々」ではないだろうか。
「言葉を持たず代弁もしてもらえない人々」……。そんな人いるのかっていう反論が聞こえる。不平不満の声も上げず、マンガにも映画にもならない人々なんて、そんな状況なんて、お前の脳内にあるだけなのではないかと。しかしそれは、私たちが個別的な〈経験〉に裂けていることからも、古谷実や是枝裕和が特別な天才であることからも、容易に証明できる。”非正規”や”虐待”という、すでに存在が知れ渡っている状況ではない、そして、これから表現されることを待つ状況が、必ずある……ということを、私の見てきた世界の〈経験〉から語れたらいいのだが、私は彼らではないし、これは作品ではないので難しい。
代弁してもらえない状況にいる人々は、まだ本当に見えないままにどこかにいて、きっとその不可視の存在を、世界に預けている。彼らを見ることはできるだろうか?あるいは、不可視のままに救済することは可能だろうか?何かをきっかけにして立ち現れた時、私たちとその社会は、受け止めることができるのだろうか?私たちには言葉を、受け皿を作っておくことしかできないが、しかし、見えないものは見えず、私たちはエスパーではないのだから、とにかく世界が豊かであらねばならない。

誰も読まないと思って、軽い気持ちで書いてたら、上のアレが1500文字になって、僕も驚いている。最近は書きたいことを書きたいように書けるようになってきた。そのことに、何だかとても満足しながら、ここで一曲。

TWICE「I WANT YOU BACK」Music Video

コレ、色々考えるべきところがあるよねー。みんなも繰り返し見て、考えてくれ!なんか思い付いたら、コメントしてくれよな!

Who wants to walk with ……

「619」は僕らを繋ぐ暗号。顔の横で、指をクルクル回して。

「2018/06/18 今日のボイスメモ」
傘を差しながらしゃべっているので、若干首が詰まった話し方になってます。降りたたたみ傘に四苦八苦している姿を想像しながら聞いてね!

カスタマーレビューが分からない。カスタマーレビューに点数が付いている、それが分からない。
リンゴとバナナのレビューを考えてみる。「リンゴは硬すぎる。歯ぐきから血が出たので☆一つ」とか、「バナナは男性器の比喩に使われすぎていて、子どもに見せられないから一つ星にしました」とか……なんでもいえるじゃろがい!!!!
単純に、質の違うものは比べられないだろうし、比べられないものに点数は付かないはずだ。僕が信頼する人は比べない人で、僕がよく読んでいる東村山のグルメ日記を書いている人も、ただ自分が美味いと思ったかどうかとか、自分が受けた店の印象しか書かないし、点数なんてつけない。なのに「食べログ」には点数が付いているし、それが最大手だし、頭がおかしいとしか思えない。世界が全部バカ。食べ物にも、映画にも、本にも、アルバムにも、点数は付かないと知れ。ただ、「アマゾンの星なんて参考にしたことがない」とは、とてもじゃないが言えない。僕だって、バカの一人だ。

髪を切りに行った。面接がある、それは、履歴書を出すということで、履歴書の写真は髪が短かったころのものだったから、しょうがない。
近くの千円カットは混んでいて、歩いて歩いて隣駅の近くの店に入った。その日は、それほど暑くはなかったが、しかし、初めての店に緊張しているのもあって、じんわりと汗をかいてしまって、理容師の人に申し訳ない気持ちになって、帰るときの「ありがとうございました」をしっかりと言おうと思ったけど、でも、相手もプロだから、気にしていないのかもしれなかった。
切られている間、ユニゾン・スクエア・ガーデンが2曲立て続けに流れたから、そういう店なのかなと思ったけど、それはたまたまのようで、次に流れてきたのはファンキー・モンキー・ベイビーズだった。久しぶりに聞いたそれは、正しく”キセキ”のゼロ年代という感じだ。あの頃の、あの退行の流行はなんだったのだろう。10年代は、一筋縄ではいかない歌詞を書く星野源が流行ったりしているわけで、よくわからない。とにかく時代の空気というものがあった、陳腐な言葉が”一周回らず”ベタに受けた時代だったし、僕もベタの側に、居心地悪さを感じつつも同席させられていた。
僕の心の中で、新しい髪型にすることと同じ位置にあるのは確定申告だ。なんというか、面倒な手続きという感じで、「やらなければならないもの」としか思っていない。だから、僕はおしゃれじゃない、おしゃれにはなれないということなんだろう。外見に気使うよりも、「Down Since Day One Ish」、「Walk With Elias」、「Monday Night Rollins」と書かれたTシャツを着たい、つまり、プロレスTシャツを着たいということだが、マキタスポーツの言葉を借りるならTシャツのデザインは「プロパガンダ」だ、つまり、着ている者の思想が前に出すぎている。そのことは、古田新太を傍から見ているときは分かる(プロレスラーの服着すぎ)が、自分の事となると途端に分からなくなってしまう。でも、今ではアイドルもバンドマンもプロレスラーもTシャツ屋さんだ、ファンは思想を現前させたがるし、客商売は帰依を強いる。長渕のライブでタオルを買わない奴はいないだろう。マーチャンダイズには、客の自己顕示欲と、金儲けの欲望とがクロスしているのだ。
……という考え事をしている間に、驚くほど髪は短くなっている。「ありがとう」と言って街に出ると、脳内にウーソズのエントランステーマが流れた(っていうか「Down since Day one ish」って何?)が、僕は双子ではないから、超かっけーけど移入はできないなあって思った。

The Usos – Done With That (Day One Remix) [Entrance Theme]

文化放送のニュースの伝え方には若干アイコクが入ってるし、今度配信される「I WANT YOU BACK」のジャケのフォントはダサすぎるしで、今日は終わり!上記したように明日は面接。少しだけ早く寝るつもり……だったが、フットボールを見てしまうのだった。
追記:面接については「黙して語らず」でいかせてもらいまーす。

知っているならば愛

文化系トークラジオLifeの過去回を聞いているんです、ええ。そんで、今色々あるじゃないですか。だから「日常と愛国心の間で」を聞いて、すごい面白かった。
2002年のワールドカップ、祝祭化する渋谷で歌われた君が代。そこで、初めて声を上げて君が代を歌うチャーリー。君が代の歌詞を知らない話。フェスで君が代を歌うサンボマスター。ピリッとした空気。
僕らの世代(もちろん世代で括れない部分は多い)では、君が代を大声で歌うことに違和感なんて(おそらく)なくなっていて、野球場で試合前に流れてたら、とりあえず起立するだろうし。自分の生きる世界のリアリティは、(それ自体の評価はしないが)ある価値観が解体されてきた上に、ある価値観を作り上げたものだ、ということは知っておいた方がいい。
あと、「愛国心」という言葉の内実も大分変わってきたのだなあ、とも思った。今の愛国って、政権への支持(勝ち馬に乗る)と繋がっている気がする。驚くべきことだ、10年ちょっとで社会はかなり変わってしまう。

あと、何を歌うのも自由だが、売れているアーティストのみなさんに言いたい。「愛すべき生まれて育ってくサークル 君や僕をつないでる緩やかな止まらない法則」は、小沢健二『天使たちのシーン』の歌詞だが、せめてここまでひねくれてほしい。バカみたいな歌詞を書かずに、「そもそも愛とは」とか、「愛という言葉を歌うことの意味」とかから考えて、言葉にしてほしい。
追記:TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」「RADWIMPS、ゆず、椎名林檎・・・J-POPにも登場!?『愛国ソング』~その傾向と対策」
荻上チキさんの評論家的な側面がすごく見える特集なわけだが、批評とか文芸評論とは正しくこういうもので、とにかく、この対象との距離感が必要だと思う。AかBかではなく、AにもなりBにもなるその可能性を指摘すること。ずるずるべったりな時代だからこそ、批評の重要性がいや増していくのだろうか、などと思った。

サッカースペイン代表監督の解任について。サッカー周りの組織っていうのは、どの国の、どの機関もだいたいヤバイことを忘れていたなって(もちろん協会だけでなくクラブもヤバい)。僕もそれなりにサッカーに詳しいつもりだったけど、失念してたなあ。ヤバイのは、日本サッカー協会だけじゃなかった、そういえば!とにかく、この問題についての木村浩嗣さんの文章が読みたいので、誰か依頼しましょう。(これを書いている6/13時点では、木村さんはまだ書いていない。)(そして6/15にはもう記事が出た。「“ロペテギ・ショック”の舞台裏。癒着vsモラル、正しいのは何か?」クラブの思惑、監督の思惑、そして、ダーティーな面のあった前会長を追いやった新会長の思惑などを勘案して書かれていて非常に面白い(もちろんW杯スペイン代表への予測もある)。これが読みたかったんだ。掲載ありがとう、フットボリスタ!)

縮めるタイプと膨らませるタイプがいるなら、僕は縮めるタイプ(身体は膨らんでるけどな!)で、どうしてもテキストが短くなって、文字数が少なくなってしまう。書く対象への熱い思いや、愛情がないわけではない。むしろメチャクチャある。ただ、やっぱりカットカットしていく方が性に合ってる。編集者タイプなのかもしれない。
僕は、よく文章を書き直す。書き直すのが好きだから。で、書き直すと文字数が少なくなってる。これからはそうじゃない書き方を目指していく。余計な記述なんてないのだから、書きたいことが起きたその日の太陽も、そこに吹いていた風も、そこで聞こえた鳴き声も書いていくこと。僕はそうする。あなたはどう?

スマートフォンって便利ー。イヤホンジャックから流れてくる「深夜の馬鹿力」を聞きながら、ここがどこなのか地図で調べられるもんねー。と、工場の塀の間の、よく知らない広い一本道を歩きながら、グーグルマップを見て、そして、どちらに行ったらいいかを調べていた。「二宮金次郎は、現代の歩きスマホだ」って、それで何かを言った気になっている人には、江戸時代に自動車無いしって言おう。おかしいのは、イヤホンをしているが足音が聞こえることで、周りには誰もいなかったはずなのに。視線を上げると、ピンクのナース服の女が前を歩いている。前述の通り、この道は一本道で、そして塀に囲まれているから、目線をスマホに落とす前に居なかったのだから、そこに人が居るはずがない。ぞくぞくする。夏は怪談の季節で、夏はかなり近づいている。スマホに通知がある。二日後に面接に来てくださいというメールが来る。あまりの日の近さにビックリする。

「衣食足りても礼節を知らない 反緊縮運動とナショナリズム」
綿野恵太さんの書く「論潮」がwebで公開されていて、これを読むのが毎月の楽しみになっている。連載開始時に、千葉雅也さんがツイートで紹介してて、それからずっと読んでる、毎月。
毎月難しいわけだけど、難しいというのは論理が入り組んでいて複雑だから難しいというわけではない、むしろそちらは分かりやすいくらいだ、しかし、僕が政治とか社会とかに無知すぎるので、固有名や専門用語に慣れていない(実際、色々ググりながら読んでいる)から難しいと感じるだけだ。めげずに、”石にかじりつく”ように読めば、僕でも分かる。そういう態度の重要性を痛感する。ガッツで勉強していきたい。