強い風で


2018グローバル・グリーン キャンペーン(音楽:SPANK HAPPY「夏の天才」 フルバージョン)

ダメだ天才だ 天才だ 夏の天才がみんなを置いて
宇宙船で飛び去ってく 僕もつれてってよ

低く見積もって最高、インタビュー動画も公開されていて、ODも出てて、「ODじゃないすかあ~」と言ってしまった(分からない人は、昨日の僕のブログのリンクをよく読むべし)。

自分のペンネームに下の名前付けようと思い立って、石田衣良は石平を分割したとか本当かどうかわからないけど、適当でも姓と名があった方がいいんじゃないだろうかとか考え始めて、最初に思いついたのが、よくある名前の「未来」に対抗して「過去」、つまり「後藤 過去」だったので、センスなさすぎて歯噛みしながら泣いた、というのは嘘でも、久しぶりにガチで死すべしと思った。

最近聴いたラジオ/ポッドキャストで歩きながら爆笑してしまったのは、

・「伊集院光 深夜の馬鹿力」深夜の生活笑百科カルタのネタ(ガチャのボタン、週刊誌ヌードグラビアベロベロおじさん、木村カエラがコシノジュンコ、菊地亜美ロス、カレーライスもぐもぐ山、広瀬すずと双子、ソースに二度付け、示談が確定)。
・「熱量と文字数」今月のブヒ部のほねぶとこ先生の「少年の未来に幸あれ。」(私信。僕は、前回の作品が、シャネルの香水だけ、つまり裸であるというのは聞きながら分かりましたよ!先生!)。
・「音楽ガハハ」新コーナー「勝手にファンク化」がグダグダしてたところで、やついさんが「さあ、ということで」と急に番組の締めに入り、スターウォーズのテーマ曲が入ってくるところ。

東京にお住まいの方ならご存知の通り、昨日は風が強く、そして暑かった。巨大な霊園の西口から正門を結ぶ、真っすぐに続くけやき通りを歩いていた僕は、いつの間にか、この強い風によってけやきから降ってくる葉や、赤茶色のなにかを避けることが第一義になっていて、さわやかな五月の風と緑の風景を、ありがたがることもなくなっていた。僕のそばを、季節外れのベージュのコートを着ていた三十代と思しき女は、正式名称のよく分からない子どもを乗せるイスが後ろに付いた自転車で、僕をお構いなしに抜いて、終わりに差し掛かった通りの、ゆるやかな坂を下っていく。追うともなく目で追っていたら、彼女の右手がハンドルから離れた。真っすぐに横、そののち肘を曲げ手の先を上に向けて、ひらひら。レッスンで教えてもらった振り付けを確かめているようだった手は、不思議な動きを数回繰り返した後に、ハンドルに収まった。優雅とも、不気味ともつかないその運動は、僕を抜いて、そして始められたのだ。真っ先に僕は吃驚して、それから、つまり僕に見せたのだと思ったから、風景や木漏れ日の中に、その動きをしっかりと捉えて、美しい記憶とした。そして「ちゃんと見ましたよ」と思った。

中村一義の『100s』を聞いていたからか分からないが、スカートを知ったのは深夜の馬鹿力でかかったセブンスターで、聞いて即検索したなあとか、ラジオはたらくおじさんでASKAの話してたなあとか、そんなことを思い出していた。だから何だ、というものではないのが記憶だし、それは、理由もなく思い出すものだ。

楽しみにしているものは、楽しみにしていると言わなければ終わってしまうのだろうか?ポッドキャスト「佐藤大のプラマイゼロ」とか、連載「俳句ホニャララ」とか。そういえば、シネマシティで「カウボーイビバップ」の極上音響上映と(TVシリーズのオールナイト二夜と、「天国の扉」)、トークショーをするらしいね、佐藤大さんで思い出したけど。行ける人は行くべき。

「ボイスメモを公開する。」まだ準備中。